保 育

保育について
保育理念
花園和敬学園は乳児保育、幼児教育の一端として発育旺盛にして、将来を決定する最も重要なる幼児期に独立自主の気風と宗教的情操※を培い、心身の健全なる発育を促すために必要な保育をする事を目的としています。
※宗教的情操…「ののさま(仏様)の子ども」であることを忘れずに、生きとし生きるもの全て、
 人も鳥も虫も草も生命あることを意識して日々過ごしてほしいと願っています。
保育方針と保育のねらい
「笑顔」「素直さ」「感謝」を忘れず、心身健康体をつくっていく
1.「よく見る」「よく聞く」「よく感じる」
2.子ども目線の環境をつくる
3.対話保育の実践
を保育方針として定めています。
保育のねらい
花園和敬学園の特徴
情操教育の一環として、毎週幼児クラスでは専門家による音楽あそび・リズムあそびの指導と年中・長組は専門家による造形教室を行い、子どもの体験や経験を増やし、職員と共に次代を背負う子どもたちを育んでおります。
特別保育事業はこちら
宗教法人 本龍寺(浄土真宗) 花園和敬学園
〒557-0032
大阪市西成区旭1丁目10番1号
ご連絡はこちらまで
電話番号06-6641-0845、FAX番号06-6644-1118